絶望組でも偏差値60の学校に合格する方法
中学受験以前、中学受験以降

「中学受験、ダメでした…」100%合格がかなわなかった日に読むブログ

こんにちは。ハンドレッドの友です。

中学受験、まずは、お疲れさまでした。こんな時にブログを見にきてくれるとは残る強さにしびれます。

お子さんも、お母さんも、お父さんも、疲労と不安に押しつぶされそうな中で持てる力を尽くしました。

最後はへなへなのパンチしか打てなかったかもしれませんが、それでもパンチを打ったのです。

数日間にわたる勝負は数週間、数か月にも感じられたかもしれません。

「あきらめるな。がんばれ」と言ったところで、言われたところで、永遠に続くような先の見えなさに、押し潰されそうな気分になっていたかもしれません。

「子どもが不合格だった時こそ親は役者になれ」と言いますね。

不合格だった時こそ「親は子どもに肯定感を持たせよう」、受験本にはそんなことが書いてあります。「進学先の素晴らしい点を探し、前向きにとらえよう」、そんなことも書いてあります。

でも、ムリです。今はまだ。

思うのなら、それでいいのです。

過去問の点数が取れようと、模試で合格可能性80%だろうと、受験に確実はありません。
その事実が苦しくて悔しくて情けない気持ちになりますね。

見慣れた家の中にいるのに浮遊しているような、あるいは閉じ込められてしまったような、違和感を覚えるかもしれません。

子どもを励まし、力づけなければいけない場面で親の方が崩れてしまった、怒ってしまった、泣いてしまった……。子どもをますます傷つけてしまった……。

後悔しているあなたもいるかもしれません。

でも、大丈夫です。お子さんは大丈夫です。3年間、並走してきた親子です。一緒にがんばってきたからこそ親も悔しいのです。

親子で築いた、かけがえのない関係です。あなたたち以外、誰一人、その絆の濃さを、強さを知りません。本に何が書いてあろうと、周囲が何を言おうとも大丈夫です。あなたのお子さんだから大丈夫なのです。

受験に確実はありませんが、確実にわかっていることもあります。

子どもはやがて立ち直ります。あなたもいずれ立ち直ります。その時になったら、ちゃんと謝りましょう。

さて、次回のブログは受験残念からの積極的な発想転換です。ささやかかもしれませんが、気分が軽くなるような、そんな記事を書きたいと思います。

励ましはいらない。カラ元気は虚しい。今は何も考えたくない、そう思うあなたはサイトを閉じてください。

いつか気になる時が来たのなら、読んでみてください。気にならないままに時が過ぎたのなら、それはそれでかまわないと思います。

中学受験に失敗した有名人の話、ダメだった時の気分転換の話こんにちは。ハンドレッドの友です。 引き続き、全力で受験残念組に寄り添いたいと思います。 ゴチャゴチャうるさい、いつものブログに...