絶望組でも偏差値60の学校に合格する方法

中学受験、第一志望に100%受かるために(はじめに)

 

はじめまして。燃えるハンドレッド先生の友です。

4年生の春、塾で最初の志望校調査票が配布され、わが家は第一志望に「吉祥女子」と書きました。

5年の時も「吉祥女子」と書き、6年の最初も「吉祥女子」と書き、6年の最後の面談でも「吉祥女子」と書きました。

6年になる前に「吉祥女子」20年分の過去問を入手し、「吉祥女子」が会場となる模試はすべて受け、この偏差値帯では多いとはいえない志望校別模試や志望校特訓講座を探し、塾の面談の際は「絶対に、絶対に、2月1日に受かるつもりでいます」くらいの発言をしていました。

「絶対受かる!」そう言えるほど、成績に余裕があったのか???

いいえ、まったく。

合不合では合格可能性20%を取ったことすらありました。

それでも、6年12月のある時期を除き、落ちるはずはないと考えていました。わが子は100%受かるだろうくらいに思っていたのです。

 だって、そのために勉強していたのですから。

ぐらぐら不安で揺れそうになる心をその言葉で支え、受験シーズンに突入し親が風邪でぐたぐだになるも、娘の1月は三連勝でした。

吉祥よりも偏差値の高い学校にも合格し、その勢いのまま、2月1日、午前と午後を受験。結果は全勝、娘の受験は四谷大塚に見せてやりたい、合格率100%で終了しました。

さて。

えらそうな書きっぷりに、いきなり私は嫌われたでしょう。ムカつく親だな、そう思っていることでしょう。

わかります、ええ、わかりますよ。

 以前、どこかのブログで小6から塾に通い始めたのに、最初は偏差値40台だったのに、あれよあれよと成績は上がり、「小石川と吉祥女子に受かりました」とたいそう謙虚に書かれているお母さまがいたのですが、謙虚だろうと、お前なんか大キライだと思いましたね。

 好き嫌いはともあれです。

 本ブログは「わが子を2月1日に絶対に、絶対に受からせてやる!!」、そう決めた親のための覚書となります。

そう、子どもたちは受かるために勉強しているのです。

落ちるために5時間も10時間も勉強なんかしないわけです。

親の立場から言えば、受かるために塾やら模試やらに投資してきたわけでしょう。

それら時間とお金は、絶対に、絶対に、リターンさせるべきだと思うわけです。

ほぼ無名のブログながらこのページにたどり着いた母、そのような母の子どもは受かりますとも。中学受験は情報強者が勝つ世界です。

吉祥女子を志望する母、あなたはたいへんラッキーです。

吉祥レベルだと御三家や最難関に情報量で引けを取り、徹底した対策はそう多くはありません、塾ですら。

手元には、受験中、解きたくもないのに(親が!)解いた吉祥の過去問があります。主に文系分野とはなりますが、これら分析は間違いなく当時の自分が欲しかったもの。そうして、二度と使うことはないでしょう。

というわけで、赤本よりも、時に塾よりも、詳細な吉祥の傾向と対策を順次アップしていきたいと思います。

なお、吉祥の過去問以外の記事は誰もが通る中学受験不変のもの。

振り返ってみて「もっと、こうすればよかった」的なこと、学年別の勉強法やおすすめの問題集、併願校選びに訪れた学校案内などもアップしていきます。

つまりは、現役中学受験生とその親子、特に吉祥レベルの学校――四谷大塚偏差値60前後――を志望する子たちの役には立てるかなぁ、立ちたいなぁ、いいや、絶対に、絶対に、役に立ってやると思っています。