中学受験の本&グッズ

【19年版】元中学受験生がチョイスした本嫌いな子も楽しめる読書ガイド

こんばんは、中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。

わが子は本屋に行くと『グレッグのダメ日記』やマンガのサバイバルシリーズをねだるような、今どきの小学生でした。

『本は無理に読ませるものではない』『名作ばかり与えられると逆に本嫌いな子どもになる』は世界中のセオリーです。が、しかし、娘の選ぶラインナップを見て「トホホな気分」に陥っていたのも事実でしょう。

「読書しないと国語の成績は上がりませんか???」でも触れましたが、策を練りグレッグ一辺倒になるのを人工的に防ぎました。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
要するに親の見栄ね??

なんとでもおっしゃい。情報量の少ない子どもに、情報量の多い大人が情報を与えるのは至って自然なこと。なお、上記でも触れましたが、本を多く読ませる一番のコツは「子どもが気に入るシリーズものを見つける」ことでもあります。

読書量を徐々に増やし、6年生になる前までに「中学受験に出そうな小説」を読めるようになるのも裏の目標だったりしましたが。

といわけで。シリーズもの含め

「親がトホホな気分にならず」「娘も気に入った」小説ガイドをお送りします。なお、かなり長いです。目次からおおよその学年を選びそのほかはヒマな時にでも読んで頂ければ。

「まなの本棚」以降は低学年から高学年順になっています。最後には中学受験に出そうな読書ガイドのガイド(?)も載せましたよ。

(※以下、19年秋、大幅に加筆修正)

Contents

『まなの本棚』は中受生の読書バイブル?

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
まずは愛菜ちゃん♡の本からね

 

いきなりブックガイドか!と思うかもしれませんが、今夏、娘が購入しまして。現在、芦田愛菜のおすすめ本をとっかえひっかえ読んでいます。今、娘は中学生ですが「これ、中学受験生のいる家の所持率は高そうだねー」という話もしています。

愛菜ちゃんがこれまで読んできた本ですから、対象は幼児(絵本)から中学生までと広いわけです。『おしいれのぼうけん』から始まり『ハリーポッター』やあさのあつこ、辻村深月や森絵都やら村上春樹、後半には森鴎外やカフカの『変身』が出てきたり。

読書家のお父さん、お母さんにとっては比較的おなじみというか、意外性のあるラインナップではないのですが(中学生でこれだけ読んでいるのがすごいですがね)、逆に正統派だからこそ使い勝手もいい。小4で買ったら6年間くらい使えますね。全部で100冊弱ですかね。うち60冊くらいは詳しく紹介されているかと。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
これって愛菜の書評なわけ?

カエルの分際で愛菜ちゃんを呼び捨てにしないでください。体裁はライターによる聞き書きです。スコブル読書家とはいえ中学生ですから、ものすごい深いことを言っているわけではない。『天と地の方程式』(富安陽子)を読んで「わたしにも不思議な力があったらなぁー」みたいな児童の読書感想文みたいなことも口にしています。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
愛菜サゲはやめてくれよ!

同じことを娘にも言われました。でも、だからこそいいんです。こういう素直な感想の方が子どもには伝わりやすいでしょ?愛菜ちゃんの育ちの良さが伺えるレビューになっています。

同書は本のレビューのほかに、山中伸弥氏や辻村深月さんとの対談も収録。余談ながら、愛菜ちゃんは辻村さんの大ファンらしく、2つの対談の温度差(辻村さんとの対談は熱くなっているのがわかる!)が紙面からも伝わってきて面白いです。

とはいえ、個人的には山中先生との対談が好きでした。ここはスルーせず、子どもにもしっかり読んでほしいところだと思います。難しい研究をやさしい言葉で伝えようとする気遣いにちょっと感動しました。

※『アエラウィズキッズ』春号でも本特集をやっています。ちなみに、娘はこの手の教育雑誌がとても好きでした。一種、自己啓発系ですね。


AERA with Kids (アエラ ウィズ キッズ) 2019年 春号 [雑誌]

未就学児への読み聞かせ&低学年におすすめの本

『大きい1年生と小さな2年生』

レトロな表紙イラストだけに、小学生のウケはよくありません。本屋に行って自主的にこれを持ってくる子どもはあまりいないような気がします。

しかし、読み始めたら一気呵成です。一行でいえば、気弱な小1男子の冒険と成長の物語。小1になったかならない頃だったか、娘には最初だけ読み聞かせましたが、その後は先が気になり過ぎたのか勝手に読破してくれました。私も結局、先が気になり過ぎ読破しました。

本作は茂木健一郎氏が未だに所蔵しているという小説でもあります。うちも例外ではなく、かつてあった児童書がメルカリやブックオフに流される中、いまだ本棚にありますね。古田足日は芦田愛菜ちゃんおすすめの『おしいれのぼうけん』や『ロボット・カミィ』あたりも良いです。

『旅のはじまり (黒ねこサンゴロウ 1)』

続編を合わせて全10冊。シリーズものには1作目が気に入れば芋づる式に読書量を増やせるお得さがあります。

その分、本代はバカになりませんが、カバーイラストにしろ、旅や宝さがしなどのキーワードにしろ、元文学少女だった親の心をくすぐるに十分。主役は猫。児童小説ながら、抒情的であったり、ちょっとハードボイルドな雰囲気も好きでした。

ベタ好きな娘も大好きなシリーズでした。字が大きいので未就学児からでも読めますよ。

『エルマーとりゅう』

お馴染みですね。3冊シリーズです。こちらも未就学児から読めます。なお、幼稚園~小3頃までは動物ものを好むお子さんは多いでしょう。しかし、高学年女子ともなると動物離れが進み、等身大の小学生の話を好むようになります。今のうちですよ。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
いったい何が今のうちなんだ。

「親が子に読ませたい本」と「子が読みたい本」は年齢が上がるにつれ、離れていくということです。正直、子が小さいうちは親の好みを押し付けやすいわけです。

なお、この章で紹介するものは、小学初期と未就学時代に読んだ(読んであげた)本がごっちゃになっております。その頃、親が気に入り、子も気に入った本といえば、ほかに

『きつねものがたり』

『いやいやえん』

『小さいおばけ』

あたりでしょうか。

『ふしぎなテレビのいじわる作戦』

上記とは毛色が変わりますが、小1の頃、娘が好きで読んでいた本。テレビにばっかり夢中になっている少年のちょっとブラックなお話(最後はハッピーエンドですがね)。

ゲームがやめられない子にもよいかも。字が大きいので小1なら一人で読めます。


ふしぎなテレビのいじわる作戦 (文研ブックランド)

『小さい“つ”が消えた日』

最初に読んだのは小2か、小3か。当時はあまり深く考えずに購入したのですが、これは子どもに絶対読んでほしい話。大人が読んでもほろりときますし、娘もこの本が大好きでした。中学生になってからも読んでいましたっけ。

登場人物は日本語の50音。音それぞれにキャラクターがありまして、主人公は小さな「っ」。促音の「っ」って地味な存在ですから皆にバカにされて家出しちゃうのです。けれど、日本語から「っ」が消えてしまうと困るんですよ。

「はっきりと断った」が「はきりとことわた」になったりね。

「失態(しったい)をさらす」が「死体(したい)をさらす」になったりね。

絵もストーリーも可愛いですが、言葉の大切さがよくわかる本。「っ」と「つ」の表記が雑だったりする小学生にも読んでもらいたいところ。なんと著者はドイツ人ですが、ある意味、大人になって日本語を学んだ人の感性ならという部分も。50音の性格付けも秀逸です。

「か」さんは自信がなく哲学者みたいに疑り深い。「やろうか?それとも、やめておこうか?」とか。「ん」さんは謙虚、とかね。

日本語の魅力を再発見した気分になります。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
ページのすみっこのイラストにも癒されるぞ!

『マジックツリーハウス』

年長から小1の頃、娘は『マジックツリーハウス』も好きでした。これは小学生の人気者シリーズですがね。

マンガっぽいイラストは親の好き嫌いが分かれるところですが、歴史絡みのエピソードも多いので低学年コースにして中学受験向き。19年9月現在、シリーズは46冊あるようなので一旦気に入ったなら読書三昧コースは完成しますね。

『100さつ読書日記』

本ではなく、読書感想文ノートですが。子どもが小さければ小さいほど、こういうものがあると読書習慣は進めやすいです。
うちでもモチベーションアップのために購入。既定の本を読んだらシールを貼れる仕組みです。この「本の表紙シール」がかなり可愛い!小学校3年から高学年用もあります。

文庫本デビューにぴったり!『ウォーターボーイズ』

こちら小学生の文庫本デビューに最適。

けれど、本書は四コママンガが入ってきたり、ページの端っこにパラパラ漫画があったりで読みやすいです。

「男子のシンクロ」をテーマにした映画のノベライズで(矢口監督自らの書下ろし!)文学的な香りはやや乏しいものの、娘曰く「かなり面白い」らしい。

「文庫本を読んでいる」という大人な感じを味わえ、かつ最後まで読破できる! 「本好きになってほしけどまだそこまでじゃない」男子、女子にこそおススメです。

 

主人公は中学受験生!『ハッピーノート』

中学受験が出てくる小説は意外に少ないのですが、この本の主人公は中学受験のために塾に通う女の子。

女の子のグループと仲違い、同じ塾生との淡い恋・・・などと連ねると「ああ、よくある話ね」という気もしましょうが、おとなしかった主人公がボスキャラ女子に反撃したり、恋の相手が実はいじめにあっていたりと、意外な展開も良かったです(親も読みました)。

著者の草野たきは思春期少女の物語がお得意なようですから女子親は重宝する作家です。入試にも時々出ています。

青春文学の傑作『しずかな日々』

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
この先も入試によく出るやつ。

『ぼくらのサイテーの夏』

小学6年生の夏休み。やんちゃした罰としてプール掃除をキライなクラスメイトと2人でやる羽目になった主人公。「やな奴」と思っていた相手が、実は「いい奴」というストーリー展開は定番ですが、読ませます。

文庫本でも薄く、字もやや大きめなので取っつきやすいはず。

ABOUT ME
燃えるハンドレッド先生の友
燃えるハンドレッド先生の友
20XX年2月1日、受験終了組のマザー。 偏差値60台を目指しているのに「志望校の合格可能性20%」「何回やっても過去問が取れない」「何か月やっても理科の偏差値40台」という絶望組のあなたにこそ読んで欲しいブログです。相方のハンドレッド先生は受験について何も知りませんが合格パワーだけは送ってくれますよ。