吉祥女子、または偏差値60の学校に合格する方法
中学受験の本棚

元・中学受験生がチョイスした本嫌いな子も楽しめる読書ガイド【中学受験・国語力UP】

こんばんは、中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。

読書の秋ですが、わが子は本屋に行くと『グレッグのダメ日記』やマンガのサバイバルシリーズをねだるような、今どきの小学生でした。

『本は無理に読ませるものではない』『名作ばかり与えられると逆に本嫌いな子どもになる』は世界中のセオリーです。が、しかし、娘の選ぶラインナップを見て「トホホな気分」に陥っていたのも事実でしょう。

「読書しないと国語の成績は上がりませんか???」でも触れましたが、わたくしは策を練りグレッグ一辺倒になるのを人工的に防ぎました。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
要するに親の見栄ね??

 

なんとでも、おっしゃい。言わせて頂けば情報量の少ない子どもに、情報量の多い大人が情報を与えるのは至って自然なことでもありましょう。

というわけで。

「親がトホホな気分にならず」「娘も気に入った」小説ガイドをお送りしましょう。ただし、紹介する本の全てをわたくしは読んでおりません。ですので、ガイドと称したものの、詳細なレビューなどは書きようもありません。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
やけに上から目線だな。

 

まぁまぁ。今回の肝は小学生チョイスの読書ガイドということです。実際には親のチョイスですが、その本を気に入った子どもというもの、あたかも自分で探し出してきたような顔をするわけですからね。

『グレッグのダメ日記』のように、本屋に行けば小学生が自動的に持ってくるような人気者シリーズは外しておりますよ。

中学受験を目指す低学年におすすめのブックガイド

『大きい1年生と小さな2年生』

レトロな表紙イラストは残念ながら小学生のウケはよくありません。しかし、読み始めたら一気呵成です。簡単にいえば、気弱な小1男子の冒険と成長の物語。子には最初だけ読み聞かせ、その後は先が気になり過ぎたのか勝手に読破してくれました。わたくしも先が気になり過ぎて読破いたしました。古田足日は『おしいれのぼうけん』や『ロボット・カミィ』あたりも良いですが、本作は茂木健一郎氏が未だに所蔵しているという小説。うちも例外ではなく、かつてあった児童書がメルカリやブックオフに流される中、まだ本棚にありましょう。

『旅のはじまり (黒ねこサンゴロウ 1)』

このシリーズは続編を合わせ全10巻ございます。シリーズものは1作目が気に入れば芋づる式に読書量を増やせるお得さがありましょう。その分、本代はバカになりませんがね。カバーイラストにしろ、旅や宝さがしなどのキーワードにしろ、本好きな親心をくすぐるイメージがそこかしこにあります。字が大きいので未就学児から読めますよ。

「エルマーとりゅう」

お馴染みのシリーズですね。3冊シリーズです。こちらも未就学児から読めましょう。なお、幼稚園~小3頃までは動物ものを好むお子さんは多いでしょう。しかし、高学年女子ともなると動物離れが進み、等身大の小学生の話を好むようになりましょう。今のうちですよ。

 

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
いったい何が今のうちなんだ。

実は小学初期と未就学時代は読んだ本がごっちゃになっております。その頃、親が気に入り、子も気に入った本といえば、ほかに

『きつねものがたり』

『いやいやえん』

『小さいおばけ』

あたりでしょうか。考えてみれば、この頃はまだ親主体、本は親が選んでなんぼの時代だったような気がしましょう。

なお、年長から小1の頃、娘は『マジックツリーハウス』も好きでした。これは小学生の人気者シリーズですがね。マンガっぽいイラストは親の好き嫌いが分かれるところでしょうが、歴史絡みのエピソードも多いので低学年コースにして中学受験向き。18年10月現在、シリーズは44冊あるようなので一旦気に入ったなら読書三昧コースは完成しましょう。最初だけ新品であとは中古で買いましょう。

小3~小4生におすすめ読書ガイド

 

『ぼくらの七日間戦争』

小3から小4にかけ、子どもが大好きなシリーズでした。シリーズ全体を通し、多いのが「悪い大人を子どもたちがやっつける!」パターン。いつの世でも子どもたちが好む王道ストーリーテリングです。ただし、同シリーズの『天使ゲーム』には中学生の妊娠・中絶が結構な描写で登場しますので、購入を見送りました。それ以外に性的な危険はなさそうです。

 

『びりっかすの神様』

岡田淳作品も小学生の王道ですね。この本の主人公も小学四年生。テストでも徒競走でもビリになると“びりっかすの神様”が現れるという話。うろ覚えですが、主人公、その神様を見たくてわざとビリになったりするわけですよ。順位付けの意味とか、手を抜くことや本気で取り組むこと、こう連ねると説教臭くなりそうなテーマを絶妙にまとめています。

 

『願いがかなうふしぎな日記』

これはタイトルだけで引きがあるでしょう。娘の大好きな本になりました。「書けば願いがかなうよ」と亡き祖母にもらった日記帳にお願い事を綴ると、本当に叶った!!とはいえ、マンガちっくに次々叶うというわけではないらしく、主人公の男の子がそのために頑張る姿も良いらしいですよ。

 

『宇宙人のいる教室』

服装もなんだかヘン、流行りのテレビもゲームも知らない(詳細はうろ覚えですよ)、普通の子と違い過ぎて「宇宙人なのでは?」と疑いたくなる転校生との友情物語。個性や多様性を認めること、そこから生まれる絆などテーマは深いものの、ひとまずそこは置いといて。男の子のズレっぷり、純粋っぷりが際立ち、面白いし、先が気になる。途中、大人でもほろりときましょう。

『じっぽ』

 

『ホームレス中学生』

ひとまず、中学生でホームレスになるという社会問題はおいておきますよ。芸人さんが書いただけに語り口は軽妙、“一人で公園暮らし”、このシチュエーションに冒険を感じる子どもは多いよう。ウンコネタも随所にあり、本嫌いの小学男子にも文句なし、最後まで読める小説だと思います。

小4から小5生におすすめ

 

『9月0日大冒険』

ああ、夏休みが終わってしまう・・・と思っていたら、8月31日と9月1日の間にある、9月0日の世界に迷い込んでしまった子どもたち。このシチュエーションは間違いなく、小学生の引きがありましょう。

わが子も例外ではなく、渡すと夢中になって読んでいました。

 

『窓ぎわのトットちゃん』

ABOUT ME
燃えるハンドレッド先生の友
燃えるハンドレッド先生の友
201×年2月1日、中学受験全勝にて終了したマザーです。このブログを訪れた人も来る2月1日に100%合格することでしょう。訪れる度に、燃えるハンドレッド先生が全勝パワーを送ってくれることでしょう。ホントですよ!?