絶望組でも偏差値60の学校に合格する方法
吉祥女子スぺ

親が調べてみた吉祥算数 これこそムダな過去問対策2

ムダな過去問対策1のまとめ)

算数過去問対策につき、ムダだったと思うこと。

その1:過去問の出題を書き起こす

その2:単元別過去問ファイルを作成する

時間が掛かった割にパフォーマンスが少ない、これら製作物に懲りることなく私は6年10月に新たな製作物に着手いたしました。

ムダその3:子の過去問結果を大問ごとに表にする

「ムダ1」と「ムダ2」は子どもが過去問に取り掛かる前に、要は親が出題傾向を把握するために作成したものですが、こちらは過去問スタート後の取り組みです。

平成20年以前の過去問を含めると10月時点で、娘は吉祥算数を誰よりも解いていたはずでした。

けれど、点数は伸び悩みます。

過去問続きでだんだんと直しもいい加減となり、28年度の「何秒ごとかに光る電球の規則性問題」ができるようになったのか、できないままなのか、親も子も把握しがたくなってきた!!そんな時期での着手だったと思います。

もっといえば、親である私の方が「もはや何かしていないと平静ではいられない」そんな時期だったといえばご理解頂けるでしょうか。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
6年秋といえば、親のメンタルが大変になってくる頃だ

ハンドレッド先生の言う通りなのです。

で、作成したのが上の表。

「年度」「合格者平均点」「受験者平均点」「わが子の点数」「大問ごとの得点」「問題の概要」などを記しました。要復習の問題を黄色でマーキングし、できるようになれば別欄に〇をつけました。

たとえば、平成27年度第一回ならば「大問1の一行小問は還元算でミスをした」とか「大問4の相似の問題は25点中7点しか取れていない」などのことがわかります。

わかります、などと偉そうに書きましたが、「取れていないところがわかる」、こちらもただ、それだけのことなのです。

娘は複雑な立体や容積の問題でたびたびミスをしました。

ある時、25年度2回目の容積問題を分析した結果、「立体を平面として捉え、面積を導き出す」考え方が身についていないようだと気づきました。(ちなみに、吉祥はこの発想をたびたび使います。新しいところでは29年度第一回にも出題されています)

そこで、親は類題を探し、子は「立体を平面として考える」問題演習を始めました。

これこそが正しい過去問対策でしょう。母として必要十分です。ハンドレッド先生もそう思うことでしょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
常にそうしろ!!

それがなかなか出来ないわけです。

26年度1回の大問には「ろうそくが短くなる割合と比」の問題があります。子は24点中8点でしたが、親のコメントは「後半全て×」です。

ここから導き出せる具体策??  ありません。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
問題を読むのがイヤになったのだな。オレもイヤだな

親が過去問を解く?それが出来れば100%合格します

結論をいえば、「ムダ1」「ムダ2」「ムダ3」は、過去問を解かずして分析しようとしたゆえの失敗でした。でも、同時にあなたは思うでしょう。ハンドレッド先生もそう思うでしょう。

過去問を解く? 誰が? 

親が

なんで??

まったくもって、その通りです。

合格率をあげるためとはいえ、塾の先生のどこのだれが、保護者に「過去問を解きなさい」と言うのでしょうか?

「中学受験は親が9割」?

いえいえ、ばかな。誰のための受験なのか、親のための受験なのか?もはや世界が揺らいでしまいそうです。

本や雑誌の中学受験・過去問対策を見ても、その多くは「親が解く必要はない、解説を読みながら傾向を分析しましょう」といったニュアンスでしょうが。

しかし、私は実感しました。本気で過去問対策をしたいのなら、親が解くほかはないのだと。

現に、吉祥社会は実際に解いてみたからこそ「ユリイカ!!」的発見があったのです。かように、本気で過去問対策をするのならば、親自らが解かないとダメだと思います。

過去問ぜんぶ、ではなく、2~4回分でもよろしい。そのなかでも、子が間違えたところだけでよろしい。間違えたなかでも、絶対にとるべき問題だけでよろしい。

その判断は吉祥の場合なら、大問の(1)(2)(3)くらいまで。(4)(5)あたりは算数で勝負するタイプでなければ捨ててしまってかまわないと思います。

と、えらそうに書いた自分もできたり、できなかったり。それができる親の子ならば吉祥どころかさらに上を目指せることでしょう。

ちなみに、この場合の「できる」「できない」は「やるか」「やらないか」の違いで「親の頭のよさ」であるとか「中学受験の経験」だとかはあまり関係がないように思います。極論すれば、解説読んでその場だけ理解し、子の間違いポイントをつかんだのなら、解き方なんかさっさと忘れてかまわないわけです。われわれが受験するわけではないのですから。

そう思うとやれそうな気がしませんか???

どうですか??

それでもやらなかった自分ですが、赤本コピーの切り貼りに時間を費やすヒマがあるならばハラを決めて過去問を解いた方が建設的であったな、とは今振り返るに思いますね。

わが子の過去問の参考にしたい方へ 本文中の「これでも吉祥に合格した!?算数過去問結果表」=「ムダ3」をプレゼントします!!

問い合わせ欄より、件名に「ムダ3希望」と書いて送信ください。24年度から28年度までのランダムなものではありますが、娘が解いた実際の過去問表をメールの添付ファイルにてお送りいたします(※仕事の都合により2~3日お時間をいただく場合もございます)。

なお、この申し込みをきっかけに「メルマガ攻撃に遭う」「情報商材を紹介される」という展開にはなりません。そんなもの、ございませんからご安心を。

【中学受験】直前期、塾は休むか問題を考察するこんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。 「直前期に学校休むか?」問題に続き、今回は「直前期に塾を休むか...
足りなくても勝てます!偏差値60合格に偏差値60は必要ない!?【中学受験の実体験】こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。 本日のお話は直前期の6年生はもちろん、5年生、4年生まで、...

ABOUT ME
燃えるハンドレッド先生の友
燃えるハンドレッド先生の友
20XX年2月1日、受験終了組のマザー。 偏差値60台を目指してるのに「志望校の合格可能性20%」「何回やっても過去問が取れない」「何か月やっても理科の偏差値40台」という絶望組のあなたにこそ読んで欲しいブログです。相方のハンドレッド先生は受験について何も知りませんが合格パワーだけは送ってくれますよ。