絶望組でも偏差値60の学校に合格する方法
6年生合格スぺ

【中学受験】偏差値40の学校に行く意味?実は一番お得かもしれません

こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。

少し前、勉強をしない子の母が「偏差値40でも受験する意味はあるのかしら」と嘆いておりましてね。今回はその件について考えてみることにしました。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
なんとまぁ、上から目線も甚だしい。

 

おっしゃる通りのハンドレッド。
「偏差値60に行ったオマエが40を語るな!」と言われるのは重々承知でしょう。しかし、中学受験をする以上、避けては通れないテーマだとも思うわけです。

偏差値60台と40台、随分遠くも感じましょうが、この距離間は存外遠くありません。実際、わが子はこの間を何度も行き来しましたからね。

というわけで、中学受験時代に考えたこと、中学入学後の子どもたちを見て考えたことを綴ってみたいと思いましょう。(※偏差値は四谷ベースで40前後の学校を想定)

家庭学習?サボってばっかり。なのに合格率は80%

小4で中学受験を始めた時、私たち親子は偏差値60の学校を目標にしたわけですね。

最難関はおこがましいけど、偏差値60なら「なんとかなるのではないか?」と。
今、スマホを見ているあなたもそうではないですか? 私たちは気が合いそうです。

ともあれど、「なんとかなりそうなはず」だった偏差値60の道も決して平たんではありませんでした。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
途中で40志望者が羨ましくなったんだろ。

おっしゃる通り、と言ってしまうのはどうにも誤解を呼びそうですがね。

5年後半の段階で40前後の学校を志望していた子が数人いました。彼ら彼女らは中学受験生の基準でいえば、はっきり言って勉強はしていませんでした。

ママ友から聞く愚痴は「2時間掛けてやったのは算数の標準問題1ページ!」とか「出来たと思えば、答えの丸写し!!」だとか「今日も塾サボった!」とか。なのに、模試での合格率は80%です。

小6の夏休み。一人の母が言いました。

「塾やめて個別行ってる。算数はもう大丈夫だから国語だけ週二回。家庭学習?ほとんどしてないよ。みんなは夏期講習でしょ? 遊ぶ友達がいなくてヒマみたい」

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
カチンと来たわけだ。ついつい、落ちろ!と願ってしまったと。

 

願ってませんって!
サバサバとした楽しいお母さんだったんですよ。「算数はもう大丈夫」と言われ、少々イラっとしたのは事実ですがね。

続いて小6の1月。本番2週間前に別の母が言いました。

「過去問も終わってるし、塾行っても入試問題ばかりでうちは関係ないのね。そんな難しいの、出ないから。昨日なんか5時間ゲームやっててもう呆れた!!」

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
他人事ながらイラっとしたわけだ。落ちるぞ!と思ったわけだ。

 

それは少し思ったかもしれませんがね。
このお母さんも楽しい人だったのですがね。幸いにも私のドロッとした感情は誰に届くこともなく子どもたちは100%合格しました。

偏差値40は「小学生らしい生活」が可能な中学受験?

さて、偏差値40といっても、中学受験での偏差値ですから小学校では上位なわけです。
先の子たちも学校の勉強はそれなりにできたようですし、学芸会や運動会、諸々のコンクールなどで目立っている子たちも多かったですね。ともすると、難関受験組よりもずっと。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
実は、羨ましかったわけだ。

 

いちいちうるさいですよ、ハンドレッド。
中学受験を選択すると、小学生らしい生活はある程度、犠牲になるわけです。

けれど、彼らは傍から見るに、実に小学生らしい生活を送っていたように思えたのです。

中学受験の勉強をしつつ、習い事をやめることもなく、6年になっても家族旅行に出かけたりしてですね。

中には小6からお父さんが親塾を始めて、毎日二時間程度の勉強で受かった子もいましたしね。

偏差値40前後の学校が「小学生らしい生活を送りつつ普通に受かる」レベルなのか、あるいは、その子たちが「それをやっても普通に受かる」地頭を持っていたからなのかは正直なところ、わかりません。

それでも、行きたい学校があるのなら、実に魅力的な中学受験といえましょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
そのランクって結構特色のある学校も多いよな。

 

おっしゃる通りのハンドレッド。
「特色のある教育」といえば、むしろこのラインこそ多いかもしれません。

こと女子校の場合は偏差値が上がるほどにオーソドックスになっていく傾向があるように思います。説明会に行っても「ふーん」で終わるのが実情です。カリキュラム改革をせずとも人が集まるからでしょうか、はっきり言って、創意工夫の面で見劣りすらしましょう。

一方、偏差値40前後となると一気に面白い学校が増える気がします。子どもが通って楽しい、とにかく楽しそうな学校という印象です。

通知表がなく、個性尊重型で女版武蔵ともいわる桐朋女子とかね。

服装、髪型自由、校舎がオールバリアフリーの和光学園ですとかね。中学校などでよく講演をする知り合いが「和光中学の生徒の質問が一番面白かった。だから、子どもは和光に入れた」と話していたことがありましたっけ。

首都圏模試で志願者ランキング常連の女子美付属もこの線ですね。勉強の進度は公立並み、当然、美術の授業は充実しています。予備校なしにそのまま美大に行けると思えば、お得感は高いでしょう。

高校に入ると一気に偏差値が20上がることも!!

自由な学校が多いのと同様、このラインはまた、難関校以上に勉学に熱心な学校も多いのです。

偏差値40台ながら上昇、再上昇を目指している学校ですとかね。いわゆる塾要らずで済む学校も少なくないと聞きます。

余談ながら、品川女子や鴎友もかつては偏差値40以下、硬軟合わせた教育改革により今のポジションを獲得した組でしょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
もう一つ。高校での募集がある場合、かなり偏差値が上がるよな。

 

おっしゃる通りですね。
そもそも中学受験と高校受験とでは母集団が違います。模試によってもバラつきがありますので比較は難しいのですが、中学受験で偏差値50なら高校受験で偏差値60というのが基本路線です。

しかし、中には10どころか、15や20アップする学校もあるのですね。

前述の桐朋女子も高校は60台へ。ちなみに蜷川実花やピアニストの中村紘子もこの学校の出身です。十文字や東京純心女子あたりも中等部で40前半ですが、高等部になると偏差値60を超えます。

子どもの頭が変わらずとも中学から高校に進学するだけで偏差値が20もアップする。なんとも美味しい話ですね。

こうした例を見ますと、高校に入ってもプラス2、3の偏差値上昇しか望めない豊島岡(中学偏差値70前後)はうまみが少ないといいますか、損した気分にすらなってきます。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
どうせ入れないけどな。

 

大学進学実績ですが、偏差値40前後の学校でも早慶クラスに20人前後は入っているような学校も少なくありません。跡見学園とかね、日大二中とかね、東京純真女子とかね、獨協とかね、玉川学園とかね。

わたくしの持っているものは二年ほど前のデータですし、大学入試改革で諸々変わってくる点ではありましょう。

しかし、小学生活を犠牲にせず、早慶の可能性も捨てたくないとなれば、選択肢としてはありだと思うわけです。

 

小学生時点で「そこまで勉強のポテンシャルが高くない」として、その子が公立中学に行き、将来、早慶に進む目より、偏差値40の学校を受験して早慶に進む目の方が確率的には高い気はしましょう。

以上、「中学偏差値に対する高校偏差値のお得感」「中学偏差値に対する大学進学のお得感」について書きましたが、こういう作業は下世話だけに、意外と楽しいものですよ。

続きは各々で、最新の受験ガイドや学校のホームページでチェックして頂ければと思います。

偏差値40の学校で成績トップ>偏差値60の学校で平均そこそこ!?

中学受験時代は親も子も学校偏差値にやたらと敏感になります。

「偏差値で学校を測るな」というのはキレイごとですね。塾にせよ、模試にせよ、偏差値をもとに諸々が進められていくのですから仕方がないと思いましょう。

「絶対にママ友の子より、偏差値の高いところに行かせたい」とかね。

あるいは当事者として「難関志望のはずが偏差値40くらいじゃないとムリそうだ。困った。どうしよう。参った。立場なし。もうやめるか」みたいに思ったりですね。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
エゴは捨てろ!お前たちには精神鍛錬が必要だ。

 

しかし、精神鍛錬の必要はなく、中学入学とともにこうした「偏差値ヒエラルキー」は一旦リセットされます。

というのも、中学に入ってしまうと、新しい環境やらお弁当やら部活やら中間テストやらクラスメイトの遠出の遊びやら日常自体が忙しいので「この学校の偏差値は・・・」等々、考えたりはしないわけです。

もちろん、思わぬところに進学することになった場合、心の痛みはしばし続くかもしれません。が、親の痛みをよそに子は早々と新しい環境に馴染んでいくものです。親の方もその子どもの背中を見つつ、いつしか痛みとオサラバしましょう。

中一の頃、小学校の親子同窓会がありました。そこで、子が私立に入ったお母さんたちと話したのです。

通う学校はさまざまでしたし、第一志望ではない学校に通った子もいます。ですが、どのお母さんも憑き物が落ちたように爽やかでした。

中学受験の時、おそらくは「他の子には負けたくない」と一度は思っただろう母たちが単なる「中学生の親」になっていたのですね。

その子どもたちに偏差値40も60もありません。入ってしまえば、みんな、ただの中学生です。

母たちと学校について話すにも「部活のハードさ」であったり、「補習になったとか、ならなかった」とか、「研修旅行でどこ行くか」とか、「校則のユルさ、厳しさ」やら「カフェテリアがすごい」やら。

中学受験中もタテマエ的にそんな話をした覚えもありますが、この時は誓ってタテマエではありませんでした。

結局のところ、入ってしまえばあれほど気になっていた偏差値なんて、どうでもよくなるわけです。

中学入学後、親が気にするとすれば入学時の偏差値ではなく入学後の成績になるわけです。偏差値60の学校に入ったとして、びりっかすの親では気分が悪いでしょう。偏差値40で上位10位以内の親の気分が上等でしょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
実際、どっちが出来るのかね?

 

それは間違いなく後者だと思いますよ。

というか、10位以内どころではないでしょうね。あくまでわたくしの感覚に過ぎませんが偏差値60で平均そこそこの子よりも、偏差値40でトップクラスの方が、大学は有望なんじゃないかぁあああ・・・と思いますね。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
その「ぁあああ・・・」というのは現在の状況を慮ってのことか?

 

そこはご想像にお任せしますよ。

中学校の成績と中学受験の成績は思うより相関関係がないように思います。「入ってからやるか、やらないか」。はっきり言って、それだけです。いろいろと書きましたが、スロースターターであるとか、中学以降の伸びに期待したい親にとっても偏差値40受験はお得だと思います。

【「地頭」「悪い」まとめ】偏差値40も60も「頭のよさ」は大して違わないという話こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。 このブログの検索ワードを調べますとね、時々「地頭」「悪い」...

ABOUT ME
燃えるハンドレッド先生の友
燃えるハンドレッド先生の友
20XX年2月1日、受験終了組のマザー。 偏差値60台を目指しているのに「志望校の合格可能性20%」「何回やっても過去問が取れない」「何か月やっても理科の偏差値40台」という絶望組のあなたにこそ読んで欲しいブログです。相方のハンドレッド先生は受験について何も知りませんが合格パワーだけは送ってくれますよ。