絶望組でも偏差値60の学校に合格する方法
100 %合格スぺ

ダメダメ算数から逃げ切る方法【中学受験のスイッチは5年秋:その1】

みなさん、こんにちは、ハンドレッドの友です。中学受験を振り返り、母のスイッチがはっきりと入ったのは5年秋だった気がしましょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
スイッチは6年秋じゃないのか?

 

6年秋は母のコントロール不可地点ですよ。スイッチを入れるとか、入れないとかの次元ではなく走りながらアワアワし、アワアワしながら考える時期でしょう。

この前奏は6年になる頃から始まります。授業時間も塾の課題も一気に多くなり、母の計画の入り込む余地はなし。家庭学習は授業の進行に追いつきません。5年と同じペースで反復しようものならすぐに立ち行かなくなりましょう。

一方の5年秋、ちょうど折り返しの地点。まだ、中学受験をコントロールしやすい地点です。この時期にぜひともやって頂きたいのは「子の苦手を直視すること」「子連れ学校訪問」の二つでしょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
あれ。6年秋の回とネタ被ってないか? いったい、いつまで苦手なんだ!

 

またまた話の腰を折るようなことを!「苦手&学校選び」は段階こそ違えど受験終了まで続く不朽のテーマなのですよ。

種を明かせば6年秋、完全にアワアワしないでいることは不可能です。しかし、「アワアワアワアワ」と「アワ」一つくらいでは相当な違いがございます。その違いが生まれるのが今の今、5年9月からの過ごし方なのです。

6年になる前のこの時期、まだ親のかじ取りも効くこの時期、加えて入試までまだ1年と5か月もあるこの時期、何だってできそうでしょう。

いえ、少なくとも今の今、6年秋の地点にいる母たちは5年秋を振り返り、そう思うわけです。今の今、5年秋にいるあなたも一年後、6年秋に来たときは「ああ」と思うのですよ、「ああ」と。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
「ああ」

 

本シリーズではその「ああ」を、5年の間にやっておくべき「ああ」をご紹介いたしますよ。やっておいてよかったこと、やっておけばよかったことを。そうして、今回第一弾は算数における「ああ」を。

(※『スイッチは5年秋!』シリーズ「国理社のああ」「子連れ学校訪問のああ」も近日公開!)

まず算数、次に算数、その次も算数、今日も明日も明後日もずっーと算数

さて、苦手といえば、算数です。「本格的に苦手」から「やや苦手」まで含めれば、中学受験生の7、8割をカバーできましょう。わたくし個人の、やっておいてよかった「ああ」も算数です。

5年の秋の勉強スケジュールを見ますと、これほとんど算数の予定ばかり。国社理はどこに行ったのかと思うほど記載が少ないのです。端っこの方に「理科メモリーチェック 9~11月で少しづつ繰り返す→できず」とありました。

理科の後悔は後に綴るとして、5年秋にテキストの「図形と速さ」ばかりをやっていた娘は、6年秋に今度は過去問の「図形と速さ」ばかりをやることになります。成長したのか、しないのか。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
同じ「図形と速さ」でもランクアップしてるってことだよな、もちろん、そうだよな?

 

テーマの前提上、そういうことにさせてください。少なくとも5年秋より苦手単元を繰り返したことにより、6年前期の算数はアドバンテージがありました。6年後期は「アワアワ」したものの、「アワアワアワアワ」よりはよほどマシな状態だったと言わせてください。

ともあれど。わざわざ語るまでもなく中学受験は算数です。偏差値60を目指すのに、5年現在、4科偏差値55の子がいたとします。あと5足りない。合格可能性でいえば40%強になろうかと思います。しかし、十分射程距離です。問題は中身なのです。

Aさん 算数60、国語59、理科48、社会46

Bさん 社会63、理科55、国語50、算数46

Aさんはおそらく間に合いましょう。しかし、Bさん、これは、これは危険です。同じ合格可能性でも志望校変更の憂き目に遭いそうです。

 

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
社会はずいぶん低く見られたもんだな。

 

いえいえ、社会はトリなのです。入試直前期にはその株も高騰しましょう。暗記物は点数に直結しやすいですからクラス昇降のある塾の場合、頼りたくもなりましょう。しかし、テスト終了後、暗記物は忘却の彼方です。暗記する時間を算数理解に費やした方が結局は吉と出ます。

話を戻しますが、5年生で算数が苦手な場合。この場合の苦手とは偏差値60を目指しつつ、55もおぼつかない場合。平均そこそこ、悪い時は40台に食い込んでしまうような場合。

そうした場合は、他の科目を落としてでも6年2月までに、遅くとも春休みまでに算数の基礎基本を固めてください。5年生、いまだ未習分野もありましょう。しかし、授業と並行してでも、この9月からこれまで習った単元の復習を始めてください。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
組み分けテストの勉強と、これまでの復習てか? クラス下がったらどうしてくれるんだよ。

 

下がるのも覚悟の上でやりましょう。

子の目標は志望校に合格することで塾のクラスを上げることではないのです。6年算数は入試演習三昧で一気に難しくなります。基本があやふやですと、どの道、ここで振り落とされる算段になりましょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
5年で落ちて6年で上がるか、5年で落ちずに6年で落ちるか。たしかに後者の方がイヤーな感じ。

6年生は授業の増加にともない、家庭学習時間は減少します。

これは何を意味しましょう?

苦手の克服がさらに、し難くなるわけです。

5年生、新出単元と苦手単元の同時進行は大変でしょうが6年に比べりゃ随分とマシなのですよ。

以下は子がやっていた方法です。

算数の問題を毎日50問解くとして、子の場合、10問は計算、20問は新出単元のトレーニング、残り20問は苦手な単元にあてていました。

塾のテストが2週間を切ったなら苦手は一日10問程度に留め、1週間を切ったならテスト範囲に集中します。

ここでいう50問とはほとんどが標準問題のことですよ。応用レベルはせいぜい2割。正答率が7~8割を超えるよう、問題をチョイスするとよいでしょう。

なお、スピードはとても大事でしょう。偏差値60を目指すのなら、小5レベルの50問を1時間半ほどで解けるようにはなりたいでしょう。難しい場合にはまず計算力を鍛えましょう。1日20問を1か月続けると計算スピードはかなり速くなります。

計算スピードが速くなれば、問題を解くスピードも30%くらい速くなります。これ、ホントですからね。

(※算数の基礎を固めるおススメ問題集は以下)

【がっつり27選】算数を「勝負の科目」に変える問題集を探せ!!こんにちは。ハンドレッドの友です。 本日はわが子が使用し、算数を「勝負の科目」に変えた問題集を紹介いたしましょう。 ...

もう一つ、早めに公開模試を受けるのも手ですよ。うちはボロボロでしたが、模試は苦手を悔い改めるきっかけになりやすいのです。入試までまだ1年5か月、マイナスから浮上する時間は十分にありましょう。

【中学受験】5年からの外部模試で2月1日の勝ちを呼んだ話本日は公開模試シリーズ第三弾「公開模試で合格を導く方法」について考えていきましょう。 ここでいう公開模試とは外部模試のことです。早...
足りなくても勝てます!偏差値60合格に偏差値60は必要ない!?【中学受験の実体験】こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。 本日のお話は直前期の6年生はもちろん、5年生、4年生まで、...

 

ABOUT ME
燃えるハンドレッド先生の友
燃えるハンドレッド先生の友
20XX年、受験終了組のマザー。 「志望校の合格可能性20%」「何回やっても過去問が取れない」「何か月やっても理科の偏差値40台」という絶望組のあなたにこそ読んで欲しいブログです。相方のハンドレッド先生は受験について何も知りませんが合格パワーだけは送ってくれますよ。