絶望組でも偏差値60の学校に合格する方法
100 %合格スぺ

6年になる前に「国理社」の苦手から逃げ切る法 【中学受験のスイッチは5年秋その2】

中学受験生、主たるは5年生のみなさん、こんにちは。長くなりすぎて書ききれなかった【中学受験のスイッチは5年秋】第二弾をお送りいたしましょう。

6年2月からは塾のカリキュラムがハードになります。家庭でのフォローは日を追って困難となり、母の「アワアワ」状態も加速していきます。

その前までに、5年のうちに、苦手科目をなんとかする、得意とはいわずとも「収拾不可能」な状態はなんとしても避けるべし、これがシリーズのテーマです。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
あれ。6年秋の回とネタ被ってないか? いったい、いつまで苦手なんだ!

またまた前回と同じ振りを!記憶喪失ですか。同じ苦手でも段階があるとお話したではないですか。苦手科目は程度こそ違えど受験終了まで続く不朽のテーマなのですよ。

というわけで前回の「算数苦手」に続き、「国理社の苦手をどうする?」をお届けしましょう。

(※『スイッチは5年秋!』シリーズはほかに「算数苦手を逃げ切れ」「5年秋こそ子連れ学校訪問を!!」もございます)

5年9月に「できない科目」は塾で1年半やったのに「できなかった科目」です

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
算数には1章割いたのに国理社はまとめてか…。見くびられたもんだ。

中学受験に不平等闘争を持ち込むのはやめてください。

断っておきますが、入試が近づくにつれ4科の価値は均等になっていきますからね。5年秋の時点でのパフォーマンスを考えてのことですよ。

さて、算数は得意なのに他の教科が壊滅的に苦手な子もいることでしょう。受験は算数。しかし、算数偏差値65をマークしながら、国語は毎度40台、結局、偏差値60前半の志望校に落ちてしまった知人も過去にはおりました。

そういう事実の上で、5年9月の時点で苦手教科がある場合にお伝えしておきたいことがございますよ。

「家でやっていないから苦手だった。やればできるようになる」などと安易には考えないように。「塾で一年半も習ったのにまだ苦手」、そう思っていた方が先々楽になることでしょう。

考えてもみてください。家でやっていなくても塾でやってきたわけです。そのために親は大金を投じてきたわけです。

習ったのが4年7月一度きり、なんていうケースは多くありません。小テストで確認したり、演習で復習したり、季節講習で反復したり、さんざんやってきたはずなのです。

にもかかわらず、苦手。そこを腹落ちさせることから始まりますよ。

社会の「やってもできない」は暗記の流れを誤解している

 

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
だけど、前回登場のAさんは社会46だったろ?こんな苦手でも大丈夫って言ってたじゃんか。

 

記憶喪失かと思えば、細かいことをよく覚えてらっしゃるハンドレッド。

そう、前回登場のAさんは算数が得意で社会が苦手な生徒でした。

しかしですね。

社会とは、算国理と比べ神のような教科なのですよ。

最強のアンカーで中学入試のトリでもありましょう。要は仕上げるのは四科の最後でよろしい。大きな流れをつかみ、正しく暗記できれば5年で40台だったとしても6年で偏差60も可能なのです。

とはいえど、かなり勉強しているのに関わらず、常に40台という人もおりましょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
つまり、バカってこと?

 

口の利き方に注意なさいね、ハンドレッド。

頭の良しあしではなく、考えられるのは大きな流れを理解していない場合です。暗記モノと言えどやり方にはコツがありましょう。いきなり一問一答をやらせてはダメですよ。歴史であれば、教科書でも歴史漫画でもよいですから、全体の流れをざっと頭に入れてからにしてください。

授業で習ったから大丈夫? そう思いたいところですが、やっているのに偏差値40台ではまず流れは入っておりません。

思い出すこと、わが子の小5。歴史がまったく覚えられませんでした。ある問題集を繰り返しマスターした後、別の問題集の同じテーマへ。

要はメモリーチェック社会で江戸時代をやり、その後コアプラス社会で江戸時代をやるみたいな感じでしょう。しかし、覚えたはずの江戸時代、問題変われば30問中正解5問。ええ、もちろん。ムカムカムカムカしましたでしょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
さっき5年で40台でも大丈夫ってたけど。本当に、本当に大丈夫なのか?

 

大丈夫ですとも。今回、社会の話は少しにしようと思っていたわけですよ。結論からいえば、こんなひどい小5でも直前期までに底上げはできたのです。

暗記のコツを人から人へと伝えるのは簡単ではありません。イメージとしては漫画読んだり、ズバピタやったり、『日本のすがた』のグラフ見たり、遮二無二繰り返しているうちに心眼が開くような。

ともあれ、5年のうちは細かい項目を覚えるより、空き時間に地図やら歴史漫画で大きな流れをつかむくらいで十分です。流れつかんで6年生に備えるだけで十分です。いずれにしろ、ヒトである以上、暗記の心眼は必ず開きましょう。

スタディアップ社会って実際どうよ?「暗記の極意」と「記号の森」を直前期に使ってみたこんにちは。 中学受験100%ウカルログの管理人ことハンドレッドの友です。 今回はタイトルそのまま、入試直前期にスタディアッ...

国語は問題を解かずに過去問を読む

一方、苦手として克服しづらいのは国語や理科でしょう。

国語は得意、不得意の差が努力の差とは言いづらい教科です。

4年、5年の国語成績上位者は家でがんがん読解問題を解いているのか!? 

おそらく少ないはずです。塾の授業を受けていて、ほぼそれだけで生徒たちの差が出てきてしまうのです。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
理不尽な話だな。そいつらは何が違うんだ。授業の聞き方か?

 

小さいころからの読書量と国語の相関関係はあるような、ないような。少なくとも活字慣れしている子どもは読むのも速いですし、書くのも早くなる傾向にありましょう。

ただし、本嫌いな子どもに小5の今、無理やり読ませるのが得策かどうかはわかりません。成果が出るのは中学以降になる可能性もあり、それでは間に合わなくなるでしょう。

個人的なおすすめは読書ならぬ過去問読みです。志望校、またはそれに近い偏差値の国語過去問をできるだけ集めてください。

そうして、本文を週に二、三回読むのです。本格的に困っている場合は毎日読みます。問題は解かなくてもよいのです。解きたくなっても1日1問、親子で口頭で言い合うくらいがちょうどよいでしょう。

なお、黙読ですと、読んだかどうかわかりづらい、というよりも、読み飛ばして終わりますね。ですから、音読を推奨します。あるいは、親が読み聞かせましょう。

なお、この方法は「偏差値30からの中学受験合格記」の鳥居りんこさんもやっていた気がしますね。国語苦手な長男にダメ元で寝る前音読を実行したところ、国語の成績が上がったんじゃなかったでしたっけ?

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
オレに聞くなよ。発行年月が古すぎてまだ生まれてもないんだからさ。要は騙されたと思ってやってみろって話だろ。

 

おっしゃる通りのハンドレッド。国語苦手な子の母また父は、騙されたと思ってやってみましょうね。次の春が来る頃には何某かの成果を期待できると思いますよ。

やっても、やらなくても、偏差値に変化がなかった理科

最後は理科です。個人的に中学受験でもっとも後悔の残る理科です。一方でどうにかできたとも思えない理科です。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
いきなり懺悔口調で来たか。

 

わが子は理科が「とてもとても」苦手でした。

ただの苦手ではなく「とてもとても」苦手であったということに気づいたときにはもう6年。

これこそ中学受験最大の「ああ」だったことでしょう。

5年時は平均そこそこ、時に50を切ったりと低迷していたわけですが実は成績推移は社会も同じ。両者とも「やっていないから出来なかった」くらいの苦手意識だったのが、その明暗はくっきりと分かれました。

そもそも理科というのは理論です。暗記要素もあるでしょうが、授業で理論を理解したなら解ける問題も少なくはないはず。なおかつ、小学校の授業とも比較的リンクします。ペーパーテストこそ塾と難度は異なりますが、仕組みは詳しく実験とともに学校で見てきたはずなのです。

わが子の場合、理科の家庭学習を本格的に始めたのが5年12月。本格的、というのは「毎日やる」という意味です。

「毎日やる」を続け、にもかかわらず偏差値40台が長期に渡り、やっと50を超えたのは6年の10月でしたか。「毎日やる」を続け、しかし、「毎日やらない」のと変わらない偏差値とはいったい全体どういうつもりであったのか?

子どもの苦手科目とは大人の想像を絶するような動き方をするのです。

いえ、厳密には想像を絶するほど動かなかったわけです。

もう一度言いますが、5年生の皆さんにわたくしが一番伝えたいのはここです。苦手にも程度があります。ですが、お子さんの苦手をあまり見くびらないように。

念のため「とてもとても苦手」くらいに思っていた方がよいでしょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
で、理科の苦手はどうすればいい?

 

それについてはわたくしに聞かないでください、と言いたいところですが、「夏に理科を100時間勉強する」がもっともまともな勉強法だったと思いますね。

【中学受験】6年夏、苦手な理科を100時間勉強する!!こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。 娘の理科が幽体離脱しそうなほど悪かった話で書きましたように...

あとは苦手だからといって「メモリーチェック」や「コアプラス」に安易に走らないでください。その点は社会と同じで、単元全体の構造、電流なら電流の仕組みをテキストや動画などで理解してから取り組むように。

もちろん、苦手な子は

テキストを見て、動画を見て「わかった!もう大丈夫!!」そう言ったのにやっぱりダメであった、という現象をたびたび起こしますけどね。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
苦手って切ないな。

 

おっしゃる通りのハンドレッド。最後の最後に気が合いましたね。

われわれ親にできることはその切なさを理解して解決策を探すことです。あるいは、いくらかマシにすることです。そのためには時間が必要です。中学受験の折り返し、今の今、5年秋から取り組むがよいでしょう。

【中学受験】5年からの外部模試で2月1日の勝ちを呼んだ話本日は公開模試シリーズ第三弾「公開模試で合格を導く方法」について考えていきましょう。 ここでいう公開模試とは外部模試のことです。早...
【絶望の過去問2】合格可能性80%なのに過去問が取れません今の今、過去問に苦しんでいる中学受験生のみなさま、こんにちは。ハンドレッドの友です。 さて、過去問を10回分も解いているのに合格者...
【中学受験】勉強一日8時間なんてできるのか?Y60を目指す学年別勉強時間中学受験直前期、わが子は1日8時間以上勉強しておりました。Y60以上を目指す子ならそれくらいの勉強量にはなるでしょう。 あっさり書...
ABOUT ME
燃えるハンドレッド先生の友
燃えるハンドレッド先生の友
20XX年、受験終了組のマザー。 「志望校の合格可能性20%」「何回やっても過去問が取れない」「何か月やっても理科の偏差値40台」という絶望組のあなたにこそ読んで欲しいブログです。相方のハンドレッド先生は受験について何も知りませんが合格パワーだけは送ってくれますよ。