絶望組でも偏差値60の学校に合格する方法
ぜったい勉強法

【中学受験とタイムラグ】理科の偏差値が受験三か月前に10上がった話

こんにちは。6年9月は絶望マザーだったハンドレッドの友こと、全勝マザーです。

小6夏に100時間もの理科特訓を行ったにもかかわらず、9月の合不合判定テストは夏前と全く同じ36点。その愕然っぷりを書いたのが、夏に100時間勉強した理科が偏差値44でエクトプラズムが出そうになった話でした。

今回はその続き、後日談になりましょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
その続き、タイトル見ればわかるんだけど。

 

前回同様のリアクションとは、学習能力のないカエルですね。だったら、続きは書きませんよと、同じ展開をしたくなりますが、成績アップはSEO的な呼び水に過ぎません。そもそも他人の子の自慢話など、どこの誰がながながながなが聞きたいものですか。

真のテーマは「タイムラグ」です。「すぐに結果が出る科目、出ない科目」なのです。勉強しているのに結果がともなわない子ども、その親御さん、必読の回ですよ!?

偏差値10アップは前月比?前年同月比?

 

勉強にはタイムラグがあるといいます。夏休み中、あれほど勉強したのに明けのテストがまったく成績上がっていない、よく聞く話でありましょう。6年9月の合不合、わたくしの愕然ぶりを見て、塾の先生もタイムラグの話はされました。「夏の結果が出るのは10月の合不合ですよ」

幸い、その通りになりました。6年時どこの公開模試を受けようとも偏差値にして42とか43とか44をさ迷っていた娘の理科が、ついに偏差値50を超えたのです! 10月の合不合の女子偏差値56。

なんと前月比で10ポイントアップの急上昇です。

 

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
前月比で10ポイントアップ。ただし、前年同月比でも10ポイントアップだろ。急上昇といえるかは微妙。

 

相変わらず感じの悪いカエルながら、おっしゃる通りのハンドレッド。それこそ指摘してほしかったツッコミポイントでありましょう。9月に勉強を始めたところ、10月に上がったのなら急上昇といえますがね。

今回は具体的な勉強方法は省きましょう。シンプルに時間軸だけ見ていきます。子が理科に本気で取り組み始めたのは5年冬。しかし、偏差値変わらず、むしろ長らく落ちっぱなしだったわけです。6年の声を聞く頃には「親がかりで化学計算」「社会を削って理科勉強」を始め、その勢いで夏は「100時間の理科特訓」へ。

それらの成果だとして偏差値10上げるのに10か月近く掛かっています。そのうち9か月は上がらない地獄だったのです。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
いやいや、月に1ポイントずつの上昇なんてショボすぎだろ。一気に10上がった方が気分いいよ。よかったな。

 

とはいえど、タイムラグ10か月とはかかり過ぎにもほどがあります。パソコンの前のあなたも、今日始めた勉強が、その成果が「10か月経たないと出ませんよ」と言われたのなら途端にやる気が失せるでしょう。場合によっては受験も終わっているかもしれませんよ!?

得意科目は勉強の成果がすぐ出る?タイムラグの法則

 

一方で結果がすぐ出る科目もあるわけです。例えば、子の場合、文系の成果は早かったでしょう。国語力が落ちてきたかもしれないと思った5年のある時、1週間ほど毎日30分ほど読解問題を親と一緒に解きました。効果はてきめんで次の塾内テストでは一桁順位を取ったでしょう。

社会の場合もそうでしょう。すべては理科のため、勉強時間を削られまくった可哀そうな教科ですが、夏休みの勉強でこちらは明けの合不合、偏差値10ほど上がりました。

 

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
自慢はしないと言ったのに、自慢連発、三連発

 

韻を踏むとはなかなか風流なカエルですこと。

子の場合、理系分野はタイムラグなどという生易しいものではありませんでした。算数も既に何度も記したように11か月続けてモノにならず、一度は撤退した単元もありましたでしょう。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
なるほど!わかったぞ、ユリイカ!

 

親勉の成果とタイムラグの相関関係(byハンドレッド)

文系の親が文系の子を教える    22=

非理系の親が非理系の子を教える  -22=―4

(※基準を1とした場合。数字が大きいほど勉強の成果は早く出る)

 

だいたいは、いいとこ突いてるハンドレッド。2の2乗がどこから出てきたものなのか、そういうツッコミはやめましょう。言いたいことは伝わりますからね。しかし、親勉推奨派のわたくしです。成果がマイナスになるのは看過できません。10か月掛かろうとも一応の成果は出たわけですからね。

 

親勉の成果とタイムラグの相関関係(byハンドレッドの友)

文系の親が文系の子を教える    2=4

非理系の親が非理系の子を教える  2-2=1/4

(※基準を1とした場合。数字が大きいほど勉強の成果は早く出る)

わたくしの肌感覚では、こうなりましょう。成果が出るまでの基準1をここでは仮に二か月とします。得意科目はそれの4倍の速さ、つまり半月で成果が出る。一方、苦手は基準点の倍の速さ、つまり8か月掛かって成果が出る。

 

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
速さの問題みたいだな。それに算数は苦手でも数学はできるんじゃんか。見直したぞ。

 

もちろん、累乗計算はネットで調べました。そもそもハンドレッドに見直されるほど落ちぶれてはおりませんよ。

伸び悩む科目ほど一旦伸びれば安定しやすい?

 

さて、あなたはこう思うかもしれません。

「基準1ってなん何なのだ」「子の一人勉が基準1なのか」「苦手の1人勉はどうなるのか」。わたくしからお答えするとすればそう深くは考えないように。数字のエビデンスはございません。あくまでイメージですからね。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
いやいやいやいや見くびるな。オレには見える、法則が。

 

1人勉の成果とタイムラグの相関関係(byハンドレッド)

文系の子が文系を勉強する     =1

非理系の子が非理系を勉強する  1-2=1/2

(※基準を1とした場合。数字が大きいほど勉強の成果は早く出る)

 

これはこれはこれは。ますますツッコミどころ満載になりましたでしょう。

そもそも得意科目で基準点1というのが虚しい感じでしょう。逆に苦手は一人勉の方が成果が大きいよう。これでは親が教えれば教えるほど、苦手はいよいよ苦手になるってことではないですか!!

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
だけど、「親は勉強を教えないで」派のプロから見たらこうなるのかもしらん。

 

おっしゃる通りのハンドレッド。確かに一理はありましょう。

けれど、親勉の肌感覚として苦手の成果は出づらいものの、一人でやらせるよりはよほどマシという気がします。4年5年とべったり見ていた苦手の算数と、4年5年と放置していた苦手の理科とは最大で偏差値20ほどの差がありました。

それは苦手とはいえないのでは?の声も聞こえましょうが、その算数も理科同様に放置していたら同じ末路を辿った気がしますよ。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
理科の末路を数式で表すなら、1-2×12×2×2-2×12=だから・・・。

 

だから、数式であらわすのはおやめなさいよ!適当に数字をあてはめればいいってものじゃないでしょーが。それでは算数苦手な子どもとおんなじですよ。

エビデンスなき、このネタに呆れ、離脱する「パソコン前のあなた」が続出中なのです。お願いですから中学受験にもっと役立つ情報を発信してください。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
はいはいはいはい。じゃあ聞くけど、10上がった理科はその後どうなったのさ?

 

じゃあ言いますが、10月の合不合以降、偏差値50を切ることはありませんでした。偏差値60台を目指すのに話のレベルが低すぎるとか今更なリアクションはやめてくださいよ。

 

タイムラグに悩む親がハッピーな気分になれる締めくくりをいたしますと、わが子の場合、なかなか伸びなかった科目ほど伸びた後は安定しておりました。

それすなわち、算数、理科。瞬間風速力では国語や社会の勝ちですが、安定感では算数、理科の勝利でした。伸びるまでに時間が掛かった分、全方向的な基礎力がついたのかもしれません。これも仮説に過ぎませんが検証する価値は十分にあると思います。

直前期に「学校休むと落ちるの呪い」を検証してみた!【中学受験】こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。 毎年この時期になると中学受験生の親たちの間で囁かれる「小学校を...
中学受験のイライラを楽にする文具15選(実際に使ってみた!)こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。今回は中学受験に役に立つ選りすぐりのグッズを紹介しますよ。 ...
直前期、男子は伸びます。では、女子は?「これぞ中学受験生!」は幻想か?こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。 おっしゃる通りのハンドレッド。伸びる、伸びる、子ど...

ABOUT ME
燃えるハンドレッド先生の友
燃えるハンドレッド先生の友
20XX年2月1日、受験終了組のマザー。 偏差値60台を目指してるのに「志望校の合格可能性20%」「何回やっても過去問が取れない」「何か月やっても理科の偏差値40台」という絶望組のあなたにこそ読んで欲しいブログです。相方のハンドレッド先生は受験について何も知りませんが合格パワーだけは送ってくれますよ。