絶望組でも偏差値60の学校に合格する方法
中学受験以降

【中学受験やってみたらこんな感じ】最大のデメリットは?終了組が中受にケチつけてみる

こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友ですよ。
本日は中学受験初心者編、「中学受験を考えている」「まもなく塾通いが始まる」人たちに向け、お送りします。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
入る前に思うことと、入ってから思うことと、多分違うと思うぞ。

おっしゃる通りのハンドレッド。
私は中学受験をやってよかったと思っている組です。でなければ、こんなブログ書いてませんね。

そうだとしても中学受験初心者だった私は、当時「一日中塾? いやいや、それはやり過ぎでしょ!」とか「小学生が家族で夕飯取れないなんてありえん!」とか「冬期講習で20万か・・・・・・(泣)」みたいな状態には何度も陥りました。

けだし、いつしか慣れるのですね。
人間は慣れるのです。世間から見る「中学受験の非常識」もどっぷりつかれば慣れるのです。

どっぷりつかって慣れきってしまったわたくしが、今回ばかりは初心を思い出し、中学受験や塾のシステムにケチつけてみることにします。

塾だけで200万強?さらりと語りやがる中学受験

当然のことながら中学受験は高いです。塾も高いです。
類似の記事があるため詳しくは触れませんが通塾3年で200万以上は掛かった気がしますね。大手は軒並み同程度。

参考:「私立中学校、受験から学費まで435万円」

さらりと語りやがる、と今、あなたは思っているかもしれませんが、私とて地方の公立出の人間です。

初めてそれを知った日には、なんとなく悪かった「中学受験イメージ」がますます悪くなりましたでしょう。中身がよくわからない分、ボッタクリでは?くらいの妄想だって走りました。

市進学院と啓明舎あたりは若干リーズナブルだったと思いますが、そうはいっても「公文行くもん」みたいな感覚で始められるような値段ではありません。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
親塾ではダメなのか?

 

こちらの記事に書きましたが、考えていた時期もありますよ。行くにしても通塾期間はできるだけ短くしたい、とかですね。

【塾なし中学受験】親塾で偏差値60合格は可能か??<span data-mce-type="bookmark" style="display: inline-block; widt...

今、振り返るに、うちの場合は親塾で偏差値60はムリでした。

親自身が「中学受験塾関係者である」とか「時間があり、圧倒的なストイックさを貫ける」タイプでない限り、かなりの困難が予測されると思います。

二科受験狙いだったり、偏差値50程度ならば親塾は穴場かもしれませんがね。

というのも、進学塾は基本、最難関をターゲットにしてカリキュラムが進みます。このため、平均前後の子にはムダな課題も生じがちです。入試でも出ないような応用や発展問題までやる羽目になったりね。それで、逆に基本がおろそかになったりですね。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
高額な上、上位以外はさらに損するってこと?

 

まぁまぁ。
こんなこと言いますと怒られそうですが、中学受験は一種、夢を与える産業ですね。ほとんどの親子は「より上位へ」、口にはせずとも「あわよくば最難関」を志し、中学受験をスタートするわけです。

で、1年経ち、2年経ち、ややあって現実を知るわけです。たまに絶望、たまに地獄だったりね。われわれのようにですね。

【絶望の過去問】何度やっても合格者最低点に届きません中学受験生、とくに6年生の皆さん、こんにちは。ハンドレッドの友ですよ。過去問やってますか?明るい未来を感じますか?それとも絶望組ですか?...

多くの子どもたちが結局のところは「最難関に行けない」にしても、最初から「最難関に行けない学習しかしない塾」にはあまり行く気はしないでしょう。そっちの方が損した気分になりそうです。

ユーザー心理を考えますと、システム的にはむべなるかな、という気もしますね。

何にせよ、塾に行って成績を上げたいなら「親塾ミニミニ」くらいのスタンスは必要になります。

やらなくていい課題を適宜カットしたりね、子の苦手を見極めたりですね。塾のカリキュラムを子に合わせて調整するのです。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
「やっぱ、中学受験やめよう」。今、スマホの前から何人か消えたぞ。

わかります。その気持ちはわかりますよ。
かくいう、うちでは子どもの「通いたい!」に押され、4年になる前にあっさり通塾を決断してしまったわけですが。

【中学受験どうする?】保護者は怖いけど受験をしてよかったという話こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。 今の今、6年生が怒涛の日々を送る一方で、「これから中学受験...

小学生なのに一緒に夕飯を食べられません

実際に通塾を始めてみると、意外にすんなり日常に溶け込みました。

思った以上の「成績の上がらなさ」は後述するとして、4年生までは世間がイメージする「悪しき中学受験」像がまだ少なかったように思うのです。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
中学受験の悪しきイメージとは?

 

主に「小学生なのに可哀想」に紐づく「勉強時間の長さ」やら「帰宅の遅さ」やら「夏休みも冬休みもずっーと講習みたいな生活」やら。

これらは5年になると一斉にスタートしました。
特に折り合いがつけられなかったのが「帰宅時間の遅さ」です。4年生までは授業時間も短いため、夕食は自宅でとることができました。

が、5年生になるとお弁当休憩が入り、授業終わりが9時に近かったり。6年ともなれば、帰宅は常時10時を過ぎたり。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
小学生なのに親と一緒に夕飯とれない。

 

これに関し、エクスキューズは浮かびませんでした。「それはイカンだろう!」わたくしの中の昔かたぎが叫びます。

夕飯が取れる時刻に授業が終わる市進学院のパンフレットを取り寄せたのは5年の始めだったでしょうか。結局、転塾を考える前にその状態に慣れてしまったわけですが。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
ずいぶん融通のきく昔かたぎだな。

 

実は、子どもの方は塾弁タイムを楽しみにしていたのですね。夜、親抜きで友達とご飯を食べる。小学生はその非日常にワクワク感を覚えるようでした。

通塾すると時々聞くようになりますが「塾、楽しい」という子どもは意外に多いです。そして、この非日常感が「塾、楽しい」の正体だったりします。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
「勉強、楽しい」ではないから、そこんとこ間違えないように。

 

なお、サピックスはお弁当不要の塾としてワーキングマザーにも人気ですが、夕飯時刻までに終わるわけではありません。

休憩時間がなく、要はお弁当を食べる時間がない、子どもたちが空腹をガマンするというだけの話。

「なんと過酷な!」聞いた当初は思ったのですが、通塾生によると、それもやがては慣れるそうです。その分は早く終わるし、むしろ「合理的でいいのでは?」みたいな声も聞きました。

【中学受験の塾選び】大手の塾はどう違う?サピックスか日能研か早稲アカか?こんにちは、ハンドレッドの友です。 今回のテーマは「中学受験の塾選び」です。正直に言うと、わたくしが書いていいものか迷いました。わ...

さまざまな塾に通うママ友と話しましたが、不平不満はあれど2年も3年も通ってしまえば塾への愛情も育つようで。ですから、ママ友の子が通う塾の悪口を決して言ってはなりませんよ。

個人的な感想をいえば、中学受験の成功率は塾愛に比例する気もします。

1日8時間勉強?ウソだと思えば本当でした

冒頭で費用の高さにボッタクリでは?などと書いた私ですが、これは訂正します。オプション授業を次々取らせるような塾はまた別問題ですが、時間数にするとそこまで高くはないのです。

仮に月4回、1回1時間の加圧トレーニングに通ったとします。たとえが悪いですね。英語教室にしましょうか。どちらにせよ、月1万くらいはしますでしょうか。

ひるがえって中学受験塾、6年になると週4回とか5回とかね。短い時でも3時間とかね。日曜日などは朝8時に始まり夜9時に終わったりね。

季節講習だけで100時間近かったりね。時間数で割ってしまえば習い事としては、適正価格か、むしろ安いくらいでしょう。

一方で、これこそが中学受験最大のデメリット!!
拘束時間が長すぎるのです。ことに6年生になると、他の生活すべてが犠牲になります。

習い事もやめ、旅行もなし、テレビは見ない、友達と遊ぶのもガマン。塾にがっつり囲われている上に、たまの塾休みは家庭で1日8時間も勉強してみたり。

気休めは小学校です。多くの受験生の現実ですね。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
「やっぱ、やめよう」。今、スマホの前からごっそり去ったぞ。

 

それがノーマルな反応だと思いますよ。
私自身、入塾以前にそういう話はなんとなく聞いていました。聞いてはいましたが、経験のない自分には信じがたい世界でしてね。

デマとは言いませんが大げさに言ってるだけだろう、くらいに思っていたわけですよ。たまたま夏休みの1日に8時間やったのをエラソーに吹聴してるだけだろうとかね。

あるいは「うちの塾だけは違うのではないか」とかね。でなければ「ただ単にその子の要領が悪いだけでは?」とかね。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
言ったな。うちの子ならもっと短時間勉強で済むわ、みたいな感じか。

 

当たらずとも遠からずのハンドレッド。

しかしながら。
1日勉強8時間説はデマでもないし、大げさでもありませんでした。

自分の周囲を見回すと、そこまでのガツガツ感を感じなかったのは「チャレンジ圏なし、偏差値80とか出すような一部の天才」と、「偏差値40前後までの学校を目指す小学生」くらいなもの。知る限りではその両者とも比較的自由な小6生活を送っているように見えましたね。

【中学受験】偏差値40の学校に行く意味?実は一番お得かもしれませんこんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。 少し前、勉強をしない子の母が「偏差値40でも受験する意味は...

一方、それなりの難関校を目指す子どもたちは6年夏以降、土日祝など学校休みの日の「1日8時間勉強」は普通になります。

当然のようにさらっと書いてやがる、あなたはまたも思うかもしれませんが、中学受験初心者でも3年間どっぷり浸かるとこうなるということ。

【中学受験】勉強一日8時間なんてできるのか?Y60を目指す学年別勉強時間中学受験直前期、わが子は1日8時間以上勉強しておりました。Y60以上を目指す子ならそれくらいの勉強量にはなるでしょう。 あっさり書...

久々に過去記事を読み返すと悪文が鼻につきますが、内容はここで書いた通りですね。4年、5年と塾に通っていれば、6年時には1日8時間の集中力が自然と身につくようでした。

とはいえど、塾に通うだけでは成績は上がりません

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
塾は怖い。塾はすごい。

 

おっしゃる通りのハンドレッド。
普通の小学生を1日8時間勉強させるスキルは中学受験塾ならでは。しかし、ここで誤解してはいけません。「塾に通えば自動的に成績が上がる」というのは幻想です。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
200万も払うのに!?

 

気持ちはわかりましょう。
けれど、塾は「小学校では習わない中学受験の勉強を教えるところ」です。小学校だって通うだけでは成績は上がりません。

授業中に九九をすっかり覚えてしまうような子はさておき、成績優良児の影にはたいてい熱心な親がいるものです。

それと同じで、抜きん出るためには家庭学習の程度が大切。

親が見るか、個別に通うか、家庭教師をつけるか、なんとしてでも子どもにやらせるか。方法は一つではありませんが、成績を上げるのは思った以上に大変でした。

つまりは、親にも覚悟が必要です。この先は少々、私情が入りますよ。

偏差値60を取るのは思った以上に難しい

例えば、偏差値60というポジション。
「最難関は難しくても頑張れば届くのでは?」そう思わせる何かがこの数値にはありますね。

中学受験の偏差値60はざっくり言えば、高校受験の偏差値70程度。その難度を頭でわかっているつもりでも実はわかっていないのが中学受験初心者。つまり、かつての私ですね。

塾に通うお子さんの多くは小学校の成績優秀者たちです。「小学校の成績と中学受験は関係がない」頭ではわかってはいても、実はわかっていないのが中学受験初心者。つまり、かつての私ですね。

親というもの、子どもの学校成績のその先、その奥にある、秘めたる才能を見出しがちです。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
で、秘めたる才能を見出した結果。

 

うちの場合、1年近く何も起こりませんでした。
そもそも秘めたる才能なんてなかったのです。

難関中学に行くような子どもの多くは入塾後、半年以内に頭角を現します。全員とはいいませんが、4年生の席次を6年時まで持ち越すタイプは多いです。

残りは「算国は良いけれど、理社がパッとしないタイプ」。こういう子どもたちが、6年になる前に急に滑り込んできて席次に影響を与えましょう。

せめて後者狙いで行きたいところでしたが、肝心の算数がやってもやってもパッとしない、そんな時期が久しく続きました。

「偏差値60は取る」つもりで入って来たのにやってもやっても「平均そこそこ」。

その現実ときやなんとも。ああ、なんとも。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
親バカは切ないのう。

 

切ないですよ。
「やっているのに、できない」。私はこの状態が大嫌いです。仕事であったり、スポーツであったり、その他もろもろ必ずしも努力と成果が比例しない分野はございましょう。

けれど、勉強です。勉強というのは「やれば、できる」。それが定義くらいの認識でいましたね。その論理を持ち込むと中学受験は本当に切ないです。

もっと困ったことは、塾講師の多くも同じ考えでいるらしいこと。

親「図形の移動ができません」
先生「できるようになるまで、繰り返しましょう」
親「既に繰り返しているのですが」
先生「もっと繰り返しましょう」

こうした会話は今の今も塾と親との間で繰り返されていることでしょう。先生としてはこう言うほかはないのかもしれません。

できない原因の圧倒多数は練習不足ですからね。

一方で、小学生における「やっているのに、できない」現象は珍しくありません。

この年頃の「やっても、できない」には何か脳科学的に解明されていない秘密があるような気すらします。これから中学受験のお子さんを持つあなた。

あなたも近いうち、同じ目に遭うと思いますよ。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
読者を脅さないように。
【中受・できない子の特徴】「二度間違えた問題を永遠に間違える現象」はこう解決する!子どもの勉強を見るとムカムカしてくる話でも触れましたが、わが子は「二度間違えた問題を永遠に間違え続ける現象」をたびたび起こしました。それ...

ともあれ、「自分で勉強して成績を上げる」ことと「勉強する子どものサポートをして成績を上げる」ことは似て非なるものですね。

中学受験を選択する親はそこを突き付けられるわけです。「できると思っていた子が実はそうでもなかった時」。

はたまた、その後に続く「子の出来なさ加減のイライラ」をどう乗り越えていくのか。どちらも精神が鍛えられましょう。

中学受験・子どもの勉強を見るとムカムカしてくる話前回、前々回、「親が勉強を見る必要はないは本当か」&「成績が上がり、合不の距離もつかめる、親の関わり方とは?」をアップしました。 ...
ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
中学受験の裏テーマは「親の精神鍛錬」

 

おっしゃる通りのハンドレッド。
中学受験にケチつけるはずが、後半愚痴に走ってしまいましたがそうした「モヤモヤ」を含んでこその中学受験。

たった3年間とはいえ、親子の生活を大きく変えます。日々のスケジュールを変え、家計を変え、精神状態を変えます。常識を変え、価値観を変え、頭の中を変えます。

特に初めての中学受験であれば、思う以上に変化は大きいでしょう。「中学受験をやるべきか、やらざるべきか」、今の今、そう思っている方たちはどうかじっくり吟味してください。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
ところで、中学受験のメリットの方は?

長くなりましたので、次回に持ち越しますよ。「中学受験をやるべきか、やらざるべきか」迷っている人は決断をもう少し伸ばしましょうね。

【中学受験のメリット】中受を経た中高一貫生は本当に賢いのか?こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友ですよ。前回、中学受験のデメリットをあげましたが、今回はメリット編です。...
中学受験マンガでやる気を上げ「勉強クール!」につなげる法【『二月の勝者』ほか受験マンガ4選】こんにちは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友ですよ。 本日は受験マンガのレビューとなります。 ...
【中学受験は親が9割はホントか?】「親が勉強見ないで合格した人たち」の妄想対談こんばんは。中学受験100%ウカルログ管理人ことハンドレッドの友です。 当ブログでは「親が子の勉強を見ること」を推奨しております。...


ABOUT ME
燃えるハンドレッド先生の友
燃えるハンドレッド先生の友
20XX年2月1日、受験終了組のマザー。 偏差値60台を目指してるのに「志望校の合格可能性20%」「何回やっても過去問が取れない」「何か月やっても理科の偏差値40台」という絶望組のあなたにこそ読んで欲しいブログです。相方のハンドレッド先生は受験について何も知りませんが合格パワーだけは送ってくれますよ。