低学年&受験こと始め

【低学年の問題集まとめ】パズル系ドリルより先にやっておきたい入塾前の勉強は?

本日は実体験。

中学受験を目指すにあたり、小学校低学年で「入塾前にやってよかった問題集」と「入塾前にやった方がよかったこと」について書きたいと思います。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
家庭学習の習慣さえついてりゃいいんじゃね?
ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
宿題やるとかさ。昨日読んだ本に書いてあったぞ。

私もそのような本を読みました。「小学校低学年のうちは特別なことはしなくてよいです。学校の宿題をていねいにやる。その習慣さえついていれば、入塾後も十分ついていけるでしょう」といった類の。

ですが、それが正論だとして読者は満足するのでしょうか。ヌルヌルヌルヌルぬる過ぎませんか。

そう思っていた自分はまごうかたなき低学年ドリルオタクでした。以下、ここでしか役に立たないオタク知識を活かしたく。言いたいことがありすぎてテーマが右往左往しますが、ニッチな情報もあるためそこは大目に見て。

入塾前の算数おススメ問題集その1

まず算数ですね。

かつての自分はジュンク堂の学習参考書コーナーに毎週のように入り浸り、当時、市販されていた小学生向けのドリルや問題集にはほとんど全てに目を通していました

この事実は他人に内緒にしたかった。子どもの問題集にやたら詳しい親というもの

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
かなりイヤーな感じ

ですね。言い訳をすると、勉強時間は学校の宿題合わせ1時間程度。まぁ、それくらいやれば小学校では問題なしに上位層に入れます。

お気に入りは無学年式の問題集でした。その名の通り、学年の区切りがないやつ。

低学年の頃って「あまり勉強っぽいものは……」という思考も手伝いパズル系のものをよく買っていた。

宮本算数シリーズやなぞぺーや算数脳ドリル、緑の薄い表紙の認知工学シリーズ、サピックスのきらめき算数脳などなど。既に絶版のものもあるようですが、点描写や展開図の組み立て、数字パズルみたいなものは、とにかくよくやらせていました。

『成長する思考力GT』シリーズとどんぐり問題

市販のものでは飽き足らず、通販でしか買えない「成長する思考力」シリーズとか、どんぐり倶楽部の「良質の算数文章問題」も愛用しました。

成長する思考力GTシリーズ 算数 10級

「成長する思考力」は4級以上が中学受験向けだったかな。このシリーズは国語もおススメ!

うちでは、未就学児向けの成長する思考力GTシリーズ とろびた1からやっていて親の方がかなりのファンでした。

一方のどんぐり倶楽部はアンチ中学受験派、アンチくもん派の先生によるものなので、自分とは意見が異なるところも少々。

しかし、文章題をイラストで解くというコンセプトは文句なしに面白かった。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
子どもは絵を描くのをメンドくさがってたがな

そうでした。

どんぐりには市販問題集もありましたが、今は中古でしか買えないようです。あっ、スーパーエリート問題集 さんすう 小学1年[新装版] (中学受験を目指す)にもどんぐり問題入っています。通常の学年別問題もあり、お得な一冊ですね。


糸山メソッド 絵で解く算数(低‾中学年版) (アエラキッズブック)

しちだの『右脳プリント』

後述するように、無学年式は「効果の出方がよくわからない」ことも多いです。が、そうした中で手ごたえを感じたのはしちだの右脳プリント。

こちら算数だけではないですが。


七田式教材(しちだ) 小学生プリント 右脳 I

算数というより「ちえ」を高める系の問題集ですね。

問題のバリエーションが多いのもよし。

絵を見て何があるか、その場で暗記させるみたいな問題もありました。

娘は小学1年生の頃、暗記の仕方がよくわかっていなかったのですが、これでコツをつかめたよう。

1枚ずつパリパリ外せるタイプなので、子にやらせたいものをチョイスしやすいのもよかった。

「この壺の中に入っているのは何ですか?直感で答えましょう」みたいなものもあったのですが、占い師でもあるまいし、それはパスしましたがね。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
直感は大事だぞ!

そうそう、算数に限りませんが、塾の通信教材マニアには神奈川の進学塾『啓進塾』の自宅学習教材も一度見てみるとよいかと。

月額2000円代ながら分量たっぷり。四科の問題のほか付録に実験的な教材もついていましたよ。

身近に図形のある幼少期、しかし、結果は……

さて、上に画像と一緒に挙げた問題集は、もし低学年に戻れるとしたら再度やらせるだろうなと思います。特に『成長する思考力』は良かった。

ただし、好んで使ったパズル系の問題集。これらについては正直なところ、成果はよくわかりませんでした。

大きな声ではいえないのですが、この手のテキストは総体的な賢さは伸ばせそうなものの、逆に言えば何に効いているのかよくわからないのですよ。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
特に図形ね

うむ。子どもが小さな頃、勉強面での母の願いは「将来、図形を見て補助線の浮かぶ子になって欲しい」ということでした。

そういうわけで、「図形の得意な子は図形を描くのが上手い」と小耳に挟むや、立体図形のトレースをともに練習。箱を組み立てたり畳んだり。中学受験に出てくるような図形問題は解かせず、図形を身近に感じさせることだけを主体とした低学年。

結果……。

小4に始まり中学受験の最後まで図形が得意になることはありませんでした。

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
やらなければ、もっと苦手だったってことにするか。

立方体の展開図は結構できましたかね。しかし、それはドリルのおかげというよりブロックのお陰だった気もする。

問題集の費用対効果としてはかなり微妙なのです。

中学受験、低学年におすすめの算数問題集その2

ハンドレッド先生
ハンドレッド先生
受験に直結するような問題集はないのか?

ありますよ。

何度も言いますが『成長する思考力』や七田の『右脳』は良かった。

けれど、七田の『右脳』を10とすると学年別になっている七田の『思考力算数プリント』(当時は名前が違いましたが)は15くらいのパワーがありました。

最近、こぐま会×サピックスという受験に最強すぎそうな『かんがえるさんすう』という幼児教材(年中から見たところ小1くらいかな。初月分が無料体験型で合わなければ退会できるらしい)がリリースされましたが、この手のタイプは成績に直結しやすそうです。

七田の『思考力算数プリント』

一方、しちだの小学生プリント。1学年10冊セットくらいなんです。そのボリュームのせいもあってか、セット終了時には頭一つ抜けた感じがあった。

入塾当初、結構な上位クラスに上がれたのもここでの下地があったからこそという気がしています(※その後、クラス落ちし5年後半で再浮上しています)。

『ハイレベ』『最レベ』は低学年問題集の最高峰?

市販の問題集では学年別の問題集では地味な表紙の『ハイレベ』『最レベ』もやった分がわかりやすく出るドリルでした。

大好きでしたね、私がね。今でも小学低学年の算数の頂点はこの2冊にあると思っています。

低学年の場合、「いかにも勉強っぽいものは……」と無意識に避ける心が働き、パズル的な無学年式に走りたくもなるのですが私立の中学受験につなぎやすいのは結局、こうした問題集だという気がします。

ABOUT ME
燃えるハンドレッド先生の友
燃えるハンドレッド先生の友
20XX年2月1日、受験終了組のマザー。 偏差値60台を目指しているのに「志望校の合格可能性20%」「何回やっても過去問が取れない」「何か月やっても理科の偏差値40台」という絶望組のあなたにこそ読んで欲しいブログです。相方のハンドレッド先生は受験について何も知りませんが合格パワーだけは送ってくれますよ。